VR-AR-MR-XR ブログ

スマホ1つでバーチャル体験!VTuberスマホアプリ入門・後編

今回は、VTuber体験ができるアプリ紹介の後編です。

前編では、アバターを作る機能を有するアプリについてまとめました。

今回はアプリ内でのアバターを作る機能がないアプリについてまとめていきます。

 

前編の記事はこちらから

スマホ1つでバーチャル体験!VTuberスマホアプリ入門・前編

はじめまして。山形大学VR部の『miyabi』と申します。 近年、YouTubeをはじめとする各種動画配信サ―ビスで、アバターを用いて活動している配信者、VTuberと呼ばれている存在が人気を集めてい ...

続きを見る

 

VRoid Hubについて

キャラメイク機能を持たないVTuberアプリには、VRoid Hubというサービスに対応しているものがあります。

VRoid Hubとは、作った3Dキャラクターをアップロードしたり、アップロードされている3Dキャラクターを利用したりできるプラットフォームサービスです。

後述のアプリをはじめとするVRoid Hubと連携しているサービスでは、VRoid Hubに登録された3Dキャラクターを利用することができます。

この3Dキャラクターを確保する方法は二つあります。

他の人がアップロードし利用を許可したものを使用する方法と、ピクシブが提供しているVRoidモバイルのようなサービスでアバターを作ってからVRoid Hubにアップロードする方法です。

 

VTuberアプリ

今回使用したスマートフォンは、前回と同じくiPhone XRです。

 

SHOWROOM V

配信アプリ『SHOWROOM』での配信をバーチャルアバターで行うことができるアプリです。

アプリ内では配信以外にも、アバターの状態で動画や写真を撮影することができます。

トラッキングは、画像認識でまぶたや唇の動きを検知したり、画面の前で前後するとそれに合わせてアバターがズームインしたりズームアウトしたりします。

また、右手を検出して手を振ったり、じゃんけんをしたりすることができます。

最初から10種類のアバターが用意されていますが、それ以外にもVRoid Hubとの連携で様々なアバターを使うことができます。

 

vear

3Dアバターを用いて、写真や動画を撮影することができるアプリです。

写真アプリのようなフィルター、眼鏡や猫ひげのようなエフェクトをつけることができます。

ReplayKit Liveを使うことで、配信アプリと連携させて配信することも可能です。。

トラッキングは、画像認識でまぶたや唇の動きや、左右の揺れなどを検知できます。

4種類のおためしアバターのほかに、VRoid Hubの連携で多くのアバターが使えます。

また、VRoid Hubをvearアプリ内で検索ができるので、アバターを探しやすいです。

 

waidayo

表情を認識させ、3Dアバターに反映させることができるフェイシャルモーションキャプチャーアプリです。

waidayo for PCとの連動でPCにデータを送信し、配信に使うことができます。

トラッキングは、画像認識でまぶたや唇の動き、首の動きなどを検知できます。

また、使用するアバターによっては、目を見開いたときに眉が動いたり、舌を出すと認識したりするのが特徴です。

標準搭載のアバターは二種類で、VRoid Hubのアバターを使用することもできます。

 

VTube Studio

表情を読み取って、Live2Dと呼ばれるのアバターを動かすことができるVTuberアプリです。

Live2Dは3Dアバターではありませんが、多くのVTuberがこのタイプのアバターを使っています。

トラッキングは、画像認識でまぶたの開閉や唇の動き、首の左右の動きなどを検知できます。

最初に入っているアバターは四種類で、女の子のアバターや猫のアバターなどを使うことができます。

 

ホロライブ(hololive)

VTuberの事務所『ホロライブ』を運営するカバー株式会社がリリースしたVTuberアプリです。

トラッキングは、画像認識で唇の動き、首の前後左右の動きを検知できます。

搭載されているアバターは四種類です。

Live2Dのアバターと3Dアバターが二種類ずつ用意されています。

一部のアバターは画像のように、目の色や髪の色を自由に変更できます。

 

アプリ比較

以上の5つのアプリを比較すると次のようになります。

参考として、前編で紹介したキャラメイク機能を持つアプリ、Vカツのデータを入れています。

※執筆時点でのアプリデータ容量、筆者の使用環境下での追加データ容量となります。

アプリ名 トラッキング ライブ機能(単体) ライブ機能(連携等) アプリ容量 追加データ VRoid Hub連携
SHOWROOM V × 169.9MB 27.1MB
vear × 83.9MB 15.3MB
waidayo × 151.7MB 2.1MB
VTube Studio × × 177.5MB 28.1MB ×
ホロライブ × × 196.1MB 0.205MB ×
Vカツ (参考) × 1.09GB 425MB ×

前編で紹介したアプリの多くはキャラメイクの機能を持つため、参考のVカツのようにデータ容量も大きいアプリが多かったです。

後編で紹介したアプリの多くは、キャラメイクではなくトラッキングに重点をおくことで、その分小さな容量でストレージをあまり気にせずに、手軽にVTuber体験ができるといえます。

 

まとめ

SHOWROOM Vは、右手のトラッキングができ表現の幅が広いので、ライブ配信を考えている人におすすめです。

一方vearは、アバターにフィルターエフェクトをかけることができるので、アバターの写真も盛りたいという人にピッタリです。記事執筆時点で一番容量が小さかったのもこのアプリです。

舌の動きも検知するwaidayoは、眉や舌などが動くようなアバターを用意することで真の力を発揮します。PC版ソフトとの連動もあるので、VTuber体験をとことんしたい人の方におすすめします。

3Dアバター以外のアバターにも興味がある人には、Live2Dのアバターを使用しているVTube Studioや、両方のアバターを体験できるホロライブがおすすめです。

二回にわたってVTuberアプリを紹介しましたが、一言にVTuberアプリといっても、多くのアプリが存在し、それぞれに長所や特徴があります。

当記事を読んで少しでも、VTuberやVTuberアプリに興味が出た、アプリ選びの参考になったなど、一助になっていたら幸いです。

 

AR, VR. XR の活用やMicrosoft Holo Lensを活用した建築業向けソリューション

GyroEyeに関するお問合せはこちら

※株式会社インフォマティクスのGyroEye公式サイトへ

-VR-AR-MR-XR, ブログ
-, , ,

© 2020 IoTプロトタイピング・VR・AR・Unity メディアラボ