VR-AR-MR-XR ブログ

スマホ1つでバーチャル体験!VTuberスマホアプリ入門・前編

はじめまして。山形大学VR部の『miyabi』と申します。

近年、YouTubeをはじめとする各種動画配信サ―ビスで、アバターを用いて活動している配信者、VTuberと呼ばれている存在が人気を集めています。

VTuberに興味があり、自分でアバターを動かしてみたいと考える人も多いと思います。

そこで今回は、スマートフォンで手軽にVTuber体験ができるアプリをまとめました。

アバターの動かし方

アバターに自身の動きや表情を反映させるには、モーションキャプチャやVR機器を用いる方法があります。

しかしこれらは非常に高価であり、また機材を扱うための環境や設備を整える必要があるため、はじめてVTuber体験をするには難易度が高いです。

Webカメラでのトラッキングという方法もありますが、手軽にVTuber体験をするにはスマートフォンのカメラを用いたトラッキングがおすすめです。

 

VTuberアプリ

VTuber体験のできるスマートフォンアプリを、アプリ内でのキャラメイク機能の有無で分けて、今回はキャラメイク機能のあるアプリについてまとめました。

今回使用したスマートフォンは、iPhone XRです。

 

トピア(topia)

アバターを作ってそのまま配信ができる、バーチャルカラオケ配信アプリです。

アバターの雰囲気や影の付き方を選べたり、顔の大きさや身長のパラメータを変更できたりと、配信アプリの中でもキャラメイクに幅があるのが特徴です。

トラッキングは、画像認識で首の前後左右やまぶたを検知し、声の音量で口が開くようになっています。

ライブ機能はアバターが完成したらすぐに使用でき、JOYSOUNDが提供する音源でカラオケ配信ができます。

iOS

Android

 

REALITY

キャラメイクをしてすぐにそのアバターで配信ができる、バーチャルライブ配信アプリです。

各パーツを選び、それぞれの色を指定することで、簡単にキャラメイクができるので、パーツ同士の位置関係などを考えずに感覚的にアバターを作ることができます。

トラッキングは、画像認識で前後左右の揺れや、唇やまぶたの動きを検知できます。

アバター作成中から顔を認識してくれるので、使用感を見ながらキャラメイクができるのが特徴です。

REALITYで作ったアバターは、clusterというアプリとの連携で使用することもできます。

clusterについてはこちら

スマホで超簡単にアバターを作ってVR空間にアクセスする方法【REALITY・cluster連携】

アバター作成後はすぐにライブ配信を始められ、他のユーザーとのコラボ配信もできます。

iOS

Android

 

カスタムキャスト

手軽にバーチャルアバターが作れる、3Dキャラメイクアプリです。

配信アプリと違い、アバターのプリセットがあったり、複数のアバターを保存できたりします。

腕や顔のパーツなどの大きさ、目や髪型のパーツなどを選ぶことができ、自分の思い通りのキャラを作ることができます。

トラッキングは、画像認識で前後左右の揺れや、唇やまぶたの動きを検知できます。

単体での配信はできませんが、ニコニコ生放送アプリとの連携で配信を行うことができます。

iPhoneX以降はARモードが使用でき、アバターを現実世界に投影することができます。

iOS

Android

 

Vカツ(スマホ版)

高度なキャラメイクができる無料PCアプリ『Vカツ』のスマートフォン版アプリです。

豊富なパーツ数はさることながら、調整できるパラメータの数が非常に多く、スマートフォンアプリの中でも特に高度なキャラメイクができます。

服装の種類も多く、色や柄の変更も可能で、PCアプリと比べても遜色ないアバターが作れます。

アバターのプリセットも多く、アバターも複数保存が可能です。

トラッキングモードは、画像認識で前後左右の揺れや、唇やまぶたの動きを検知できます。

単体でのライブ機能はありませんが、MirrativeやOPENRECと連携することで配信を行うこともできます。

iOS

Android

 

 

VRoidモバイル

3Dキャラクターをスマートフォンで作ることのできる、VRoidプロジェクトのアバターカメラアプリです。

髪やまつ毛などの色が選択でき、顔や胴体のパーツの大きさのパラメータを調節できます。

服装に一部有料アイテムがありますが、無料のアイテムが充実しているので、快適にキャラメイクができます。

アプリ内での配信はできませんが、VRoid Hubでキャラクターを公開することで、VRoid対応アプリとの連携によるアバターの使用ができます。

iOS

Android

 

アプリ比較

以上の5つのアプリをまとめると次のようになります。

※執筆時点でのアプリデータ容量、筆者の使用環境下での追加データ容量となります。

アプリ名 キャラメイク トラッキング ライブ機能(単体) ライブ機能(連携) アプリ容量 追加データ
トピア × 0.157GB 643MB
REALITY × 0.349GB 396MB
カスタムキャスト × 1.2GB 798MB
Vカツ × 1.09GB 425MB
VRoidモバイル × × 0.130GB 160MB

トラッキング機能のないVRoidモバイルは比較的容量が少ないです。

配信機能がついているREALITYやトピアより、キャラメイクを中心としているVカツやカスタムキャストの方が、アプリデータ容量が大きいといえます。

特にキャラメイクには多くのデータが必要であり、これらのアプリをインストールすれば、スマートフォンでもキャラメイクができますが、その分容量が大きくストレージを圧迫します。

まとめ

ストレージに余裕がある方、キャラメイクをがっつりしたい方はカスタムキャストVカツをおすすめします。

一方、バーチャルアバターでのカラオケ配信に興味がある方にはトピアがおすすめです。

また、スマートフォンでclusterの利用を考えている方や、歌配信以外の活動を考えている方は、REALITYをおすすめします。

VRoidモバイルは、多くのサービスで使えるアバターが欲しい方におすすめです。

後編では、キャラメイク機能のないVTuberアプリを紹介していきます。

 

AR, VR. XR の活用やMicrosoft Holo Lensを活用した建築業向けソリューションGyroEyeに関するお問合せはこちら

 

-VR-AR-MR-XR, ブログ

© 2020 IoTプロトタイピング・VR・AR・Unity メディアラボ