Unity VR-AR-MR-XR

超超超初心者目線 Unity 第3回 ~ オブジェクトの配置 ・ 設定 ・ 移動 ~ 前準備編

Unityの説明

山形大学VR部のemelです。

前回の記事はこちら

Unity
超超超初心者目線 Unity第2回 ~ Unityの基本操作 ~

山形大学VR部のemelです。 前回の記事はこちら   超超超初心者目線Unity 第1回 ~Unityってなぁに?~   第2回はUnityの基本操作について説明していきたいと思 ...

続きを見る

今回は複数回に分けて、Unityにおいて様々なオブジェクトの設置方法、およびその設定方法について説明したいと思います。

前回の記事の最後に、移動方法の説明もすると記述しましたが、長くなってしまったため分けることにしましたのであらかじめご了承下さい。

今回はオブジェクトの設置方法と設定方法を知る前に知っておいたほうが良い用語の解説をしていきたいと思います。

オブジェクトの配置

それでは早速設置していきましょう ! 今回は3Dオブジェクトについて、設置方法とその設定方法を説明します。

3Dオブジェクトの配置はメニューからGameObject → 3D Objectを選択するか、Hierarchyの+をクリックし、3D Objectを選択することで設置が可能です。

様々な種類の3Dオブジェクトが表示されますが、ここではCubeを選択して立方体を出してみましょう。

Unityの説明

上手くオブジェクトを配置することができましたね! 基本的にはオブジェクトを配置したり、形を整えたりすることで空間( シーン ) を製作します。

例えばCubeであれば、平べったい形にして板として利用したり、細長い形に色やエフェクトなどをつけることで四角柱状のレーザーのように扱うことも可能でしょう。

また、オブジェクトから出ている3つの矢印をドラッグすると、それぞれの矢印に対応する方向へ平行移動させることができます。

この方法でオブジェクトを操作した場合、少しの移動で座標の値が大きく変化するため、乱雑にオブジェクトを配置する場合やある程度置く場所の目星を付けるために試験的に動かす場合などに使うとよいでしょう。

逆に、正確にオブジェクトを配置したい場合はInspectorから数値を直接入力する方法が良いです。

オブジェクトの基本構造

オブジェクトの設置ができたので、次はオブジェクトの設定方法について説明したいのですが、その前に前提として知っていた方が良いことがあります。

それは……

作成したオブジェクトも複数のオブジェクトによって構築されている

ということです。

Unityでは、位置や大きさ、描画設定、あたり判定などの情報もすべてオブジェクトとなっており、それぞれが組み合わさって一つのオブジェクトとなっています。

つまり、先ほど作成した3D ObjectのCubeの位置や大きさ、描画設定、あたり判定などの設定もすべてオブジェクトとして管理されており、Inspectorによって設定変更が可能となります。

3D Objectで作成したオブジェクトは大きく分けて「 Transform 」 「 Renderer 」 「 Collider 」 の3つのオブジェクトに分けられます。

とはいえ、この3つを説明するために、まずは知っておくべきいくつかの用語があるのでそちらの説明からしていきたいと思います。

ここからは様々な用語が出てきますが意味を記述しながら進めていくので、順番に見ていきましょう。

はじめにある程度覚えておくべき用語

前述の3つのオブジェクトの説明をする前にいくつか知っておいた方が良い用語があるのでここにまとめたいと思います。

ここで紹介する用語はUnityを使用する過程で覚えることもできますが、教本などでも多用されるためある程度頭に入れておくことが良いと思います。

クラス

UnityではC#というプログラミング言語を使用しますが、「 クラス 」 はオブジェクトを構成するもの、オブジェクトを作成するために必要な設計図のようなものです。

クラスがあって初めてオブジェクトは形作られます。

インスタンス

クラスを元にして作られた操作可能のオブジェクトのことを指します。

クラスとインスタンスの関係性は植物の品種改良を例にするとわかりやすいです。

ex) りんごの「 ふじ 」 をクラスとすると、「 いわかみ 」 や「 シナノスイート 」 はふじを元として品種掛け合わせで作られたためインスタンスとなります。

フィールド

クラスを使用する際に必要な値や情報を保管しておく変数のことを指します。

大きさや重さなどの値に関する情報はクラスの中のフィールドによって管理されます。

メソッド

クラスを実行時に動作する様々な処理のことを指します。

オブジェクトを描画する処理やマウスドラッグで移動する処理などはメソッドとして処理されます。

プロパティ

フィールド値の取得や値の変更をメソッドによって設定できるようにしたものを指します。

要点のみまとめると、フィールドとメソッドがセットになったものがプロパティということです。

まとめ

いかがでしたでしょうか? 最後に紹介した用語の関係性としてはクラスの中に他の4つが入っているというイメージを持っていただければ大丈夫です。

余談ですが、Unityの表示を日本語にしたい場合は、日本語のモジュールを追加した後、メニューのPreferences → languagesから変更可能です。Unityの説明

次回は、Inspectorを使っての設定を予定しています。

 

 

AR, VR. XR の活用やMicrosoft Holo Lensを活用した建築業向けソリューション

GyroEyeに関するお問合せはこちら

※株式会社インフォマティクスのGyroEye公式サイトへ

-Unity, VR-AR-MR-XR
-, , ,

© 2020 IoTプロトタイピング・VR・AR・Unity メディアラボ