VR-AR-MR-XR ブログ

中国版Tiktokで話題のアニメフィルターが、ついに日本版にも実装されました!

8月 13, 2020

バーチャルYouTuber文化が若者の間で支持を広げていますが、その傾向はまだしばらく続きそうです。

数ヶ月前に中国版TikTok「抖音(douyin)」で実装されて話題になっていたアニメフィルター機能が、ついに日本版TikTokでも使えるようになったということで、早速筆者もスマホにTikTokをダウンロードして試してみることにしました。

TikTokを起動して、下側中央あたりの「+」ボタンを押して投稿モードに移行して、「スタンプ」を選択

(※通称はアニメフィルターですがフィルターの欄にはないので注意)

 

あとはカメラで自分の顔をうつすとフィルターがかかります。

(メガネやマスクがあるバージョンと無いバージョンを試してみました)

動画でもほぼ破綻なくフィルター(TIkTok的にはスタンプ)を使えそうです。

欠点をいくつか上げるとすると、

  • iPhone11でも発熱がすごい。スマホの要求スペックはかなり高そう
  • 横顔や顔の上下の角度に弱い。アニメ調の横顔はデフォルメが強いので難しそう
  • 首は細くならない(目が大きくなって眉毛は細くなって鼻は小さくなるので首も細くしてほしい)

くらいでしょうか。

顔がメガネやマスクで隠れていてもきちんと変換されるのは、深層学習フィルターを得意とするTikTokの技術力の高さを感じました。

こういった技術が進展してくれば、自分のバーチャル空間でのアバターを写真から生成できたり、ARで自分の視界だけアニメの世界で生活する、なんてこともできるようになりそうですね。

早くほかのアプリやWeb会議システムでも実装されて欲しいところです。

 

AR, VR. XR の活用やMicrosoft Holo Lensを活用した建築業向けソリューションGyroEyeに関するお問合せはこちら

-VR-AR-MR-XR, ブログ
-, , , ,

© 2020 IoTプロトタイピング・VR・AR・Unity メディアラボ