VR-AR-MR-XR ブログ

スマートフォンアプリ「J SPORTS VR」を使ってみた!

8月 30, 2020

J SPORTS VR トップ画面

山形大学VR部のハルキといいます。

これから、このサイトでVR-AR-MR-XR技術が使われているアプリやゲームを紹介していきます。

今回は、VR技術を利用したスマートフォンアプリ「J SPORTS VR」を実際に使ってみて、皆さんに使い方や実際に使用してみた感想をお伝えしていきます。

スマートフォンアプリ「J SPORTS VR」とは

「J SPORTS VR」とはVRゴーグルを用いることによって、

野球やバスケットボールなどのスポーツを360度映像やバーチャル空間上(シアターモード)での2D映像再生で楽しむことができるサービスです。

13歳以上対象で、お金はかからず無料で使用できます。

スマートフォンアプリ「J SPORTS VR」の使い方

準備するもの

スマートフォン対応デバイス

スマートフォン対応デバイス

対応OSは、

iOS8以降また、Android5以降です。(20年8月現在)

最新の詳細情報は「J SPORTS VR」のホームページにて確認をお願いします。

「J SPORTS VR」ホームページリンク

 

 

 

視聴用アプリ

j sports vr アイコン

お使いのOSに対応してる

アプリダウンロードサイト

にてダウンロードをしてください。

例)・iOSであればApp Store

・AndroidであればGoogle play

VRゴーグル

VR ゴーグルをご購入するときは、

・対応デバイス

・装着性

・ピント調節機能

・眼鏡対応の有無

の確認することをお勧めします。

私のおすすめVRゴーグル

 

 

 

VRG-M01RBK 

このVRゴーグルは眼鏡対応かつピント調節機能付きなので、眼鏡をかけている人にとてもお勧めです。

ただ、注意として、対応デバイスがiPhoneであることに注意です。

また、装着性を重視したい方は直接店舗のほうに行き、実際に試してみることをお勧めします。

大体の場合は家電量販店のゲーム機器コーナー付近においてあることが多いです。

 

アプリダウンロードからコンテンツ視聴までの一連の流れ

ステップ1 ダウンロード

お使いのデバイスのアプリダウンロードサイト(iOSの場合、App Store)から「J SPORTS VR」と検索し、ダウンロードをします。

(画像はApp Store )

アプリダウンロード画面

ステップ2 アプリの起動

アプリのアイコンをタッチし、アプリを起動。

ここまでは他のアプリと同じような操作です。

また、「J SPORTS VR」のアプリを起動する際は他のアプリのタスクは切っておくといいでしょう。

ステップ3 アプリの使用前準備

VRゴーグルに使用するデバイスをセットし、頭に装着。

この際、VRゴーグルを頭のサイズに合わせてからデバイスをセットしておくことをお勧めします。

ステップ4 コンテンツ視聴の仕方

アプリ「J SPORTS VR」のトップ画面が映し出されているので、

頭を動かして視界の真ん中にある逆三角形を視聴したいコンテンツの上に合わせるとドーナツ型の円が逆三角形の周りに現れます。

その円が完成すると選択したコンテンツが真ん中に表示れるので、

再び逆三角形を合わせてコンテンツを選択するとコンテンツが視聴できます。

J SPORTS VR トップ画面

 

視聴コンテンツの紹介(2020年8月現在)

スマートフォンアプリ「J SPORTS VR」で視聴できるコンテンツは現在随時追加予定です。

現在(2020年8月現在)にて視聴可能なコンテンツは以下になります。(一部抜粋紹介)

野球

オリックスバッファローズ宮崎キャンプ

中日ドラゴンズバッティング練習in名古屋ドーム

ラグビー

サンウルブズ円陣

サンウルブズ練習 スクラム

サイクルロードレース

バイクセッティング

さいたまクリテリウム

モータースポーツ

SUPER GT 鈴鹿公式テスト

バスケットボール

〈明成高校〉トレーニングルーム

バドミントン

バドミントン日本代表五十嵐優選手インタビュー

これらの他にも、卓球やフィギュアスケートといったコンテンツもありました。

まだコンテンツは少ないという印象を受けますが、これから追加されるということで、

スポーツ好きな私個人としてはとても楽しみなサービスとなっています。

スマートフォンアプリ「J SPORTS VR」を使用してみての感想

実際に使ってみて、アプリの操作は普段使っているマウスの役目を自分の頭が担うということで少し慣れるまでは使いにくいと感じました。

ですが10分もしないうちに慣れてきて、不便さは気にならなくなりました。

また、視聴できるコンテンツに関しては、実際行われている試合はまだ少ないといった印象です。

しかし、選手や選手のインタビュー等、大会の裏側の様子を垣間見ることができるコンテンツが多数あったので、興味のある方は視聴してみるといいかもしれません。

これからもコンテンツが追加されるとのことなので、スポーツ好き、VR好きに「J SPORTS VR」は試合を配信で見るときには、なくてはならないものになるかもしれません。

 

 

AR, VR. XR の活用やMicrosoft Holo Lensを活用した建築業向けソリューション

GyroEyeに関するお問合せはこちら

※株式会社インフォマティクスのGyroEye公式サイトへ

-VR-AR-MR-XR, ブログ
-, , , , ,

© 2020 IoTプロトタイピング・VR・AR・Unity メディアラボ