VR-AR-MR-XR ブログ

おすすめのマウスはこれだ!クリエイターにはゲーミングマウス

8月 17, 2020

マウス写真

はじめまして、山形大学VR部らいのです。

マウスといえば沢山のメーカーがあり、値段も10,000円を超える物もあれば1,000円も掛からずに購入出来る物もあります。

そこで今回はおすすめのゲーミングマウス Razer Naga Trinity の紹介と使ってみた感想を投稿しようと思います。

 

ゲーミングマウスって何?

ゲーミングマウスと一般的なマウスとの違いはこのようになっています。

  • 反応が早い
  • ボタンをカスタマイズできる
  • 細かく感度の調整が出来る
  • 使い心地を重視
  • 高価なのもが多い

特に分かり易いのがボタンが多くてカスタマイズできる点だと思います。

マウスにボタンが多いとキーボードで入力する手間が省けるので、コンマ一秒を争うゲームの世界では大変有利になります。

しかし、ゲーミングマウスが有利なのはゲームだけではありません。

ゲームの開発プログラミングVR開発、等クリエイティブな作業においてもボタンを駆使して効率的に作業を進めることが可能です。

 

Razer Naga Trinity の紹介

購入方法

Razer公式

日本語に対応しおり安心して購入できます。

小計が13,480円、そこに配送費用が掛かるので合計で14,500円ほど掛かってしまいます。

お支払方法はクレジットカードにしか対応していないのでカードを持っていないと購入が厳しいです。

Razer

Razer公式ぺージ

Razer公式販売ページ

 

Amazon

価格が約12000円になっており、送料は無料になっています。(価格が2,000円以上の場合、Amazonは送料無料)

また、お支払方法も豊富なのでカードをもっていない方でも購入が可能です。

自分はお急ぎ便にしなかったので4日で届きました。

Razer Naga Trinity サイドボタンを2/7/12ボタンに付け替え可能 MMO/MOBAゲーミングマウス

【日本正規代理店保証品】 RZ01-02410100-R3M1

 

その他

他にも楽天市場の最安値で11,494円、Yahooショッピングの最安値11,000円などの商品がありました。(2020年8月時点)

購入するサイトによって送料が無料の場合や全国一律で送料がかかる場合があるので気を付けてください。

お支払方法もそれぞれ異なるので自分に合ったサイトで購入して下さい。

 

Razer  Naga Trinity の特徴

製品の大まかな情報です。

Razer公式での技術仕様は以下の様になっています。

技術仕様

・True 16,000 DPI を実現した Razer 5G 光学センサー

・最大毎秒 450 インチ / 50 G の加速度

3 つの交換可能なサイドプレート(2 ボタン・7 ボタン・12 ボタン構成)

最大 19 個の個別にプログラム可能な Hyperesponse ボタン

・RazerTM メカニカルマウススイッチ

・ゲーミンググレードのタクタイル・スクロール ホイール

・強化ゴム製のサイドグリップを備えた、人間工学に基づく右利き用デザイン

・デバイス&クラウドのハイブリッドストレージ

1,680 万色のカラーオプションを備えた Razer ChromaTM ライティング

・1,000Hz 高速ポーリングレート

・Razer Synapse 3 (ベータ版) 対応

・サイズ(概算): 119 mm / 4.69 in (長さ) 74 mm / 2.93 in (幅) 43 mm / 1.69 in (高さ)

・重量(概算) 120 g / 0.26 lbs (ケーブル重量を除く)

・基本入力向けに Xbox One に対応

特におすすめのポイントは3つの交換可能なサイドプレート(2ボタン、7ボタン、12ボタン)があり、最大19個のボタンを個別に設定することができることです。

このサイドプレートのボタンを使うことでゲームでは難しいキーボード操作が「不要」になります。

動画編集やプログラミング、VR開発ではショートカットキーなどを割り当てることで作業を「効率よく」進めることができます。

ウェブサイトも設定することができる(例えばYouTubeやGoogle,Yahooなど)のでボタン一つでそのサイトに飛ぶことができるのも面白いですね。

 

ボタン構成の例

ここではマウスのボタン構成の一例を紹介します。

便利そうだなと思ったら是非参考にしてみて下さい!

自分の構成例

自分はまだ使って日が浅いのでこのようにシンプルな構成です。

自分の構成例

正面のホイールクリックや感度のステージアップ・ステージダウンはデフォルトのままです。

サイドのボタンの「Alt + Light」はブラウザの「進む」ボタン、「Alt + Left」はブラウザの「戻る」ボタンとして使用しています。

ブラウザバックしたい時にマウスを動かさなくていいので少しだけ楽になりました。

先輩の構成例

まず普段使っている構成です。

ボタン構成

ボタン構成

コピー」、「貼り付け」、「Escキー」を割り当てて作業をし易くしているのが分かります。

コピー」、「貼り付け」は調べものや作業でもよく使うので便利そうですね。

また、プロファイルのサイクルアップによって違うボタン構成にすぐ変更できるようにしています。

Adobe Premire Pro用の構成

ボタン構成

ボタン構成

このようにショートカットキーをボタンに割り当てて、普段の構成の時より作業の高率化を図っていることが分かります。

ショートカットキーは「Shift + 〇」や「Ctrl + 〇」など二つ以上のキーを押すことが多いので、ボタン一つで出来るのは便利ですね。

マウスの色を変化させて(今回は紫に変化)、構成モードをわかりやすく出来るのもこのマウスの特徴ですね。

 

使用した感想

120gと有線ということもあって少し重量がありますが、安定感があるので自分は好きです。

有線なので無線と違って作業中にマウスの電池が切れる心配もありません。

やはり便利なのがサイドプレートのボタン

ショートカットキーを毎回キーボードでやろうとすると、なかなかの手間です。

その手間がマウスの一つのボタンで解決できるのでとても楽ですね。

 

自分はまだブラウザの「戻る」と「進む」ボタンしか設定していませんが、マウスを動かす範囲が狭くなるので調べ物が早くなった気がします。

ショートカットキーを設定すると作業の効率がぐっと上がるのではないでしょうか。

LEDにより光っているので作業中もテンションが上がります。

自分の好きな「」、「色の効果」をカスタムできるのでオリジナルなマウスの出来上がりです。

 

最後に

値段が10,000円越えと少し高めで、学生やパソコンを初めて使う方は買うのを躊躇うかもしれません。しかし、買う価値は十分にあると思います。

安めのマウスを何回も買い替えるより、高めのマウスを買って長い間使った方がより快適に作業、またはゲームのプレーができます。

世界に一つだけのオリジナルマウス!

是非、買ってみてはいかがでしょうか。


Razer Naga Trinity サイドボタンを2/7/12ボタンに付け替え可能 MMO/MOBAゲーミングマウス

 

AR, VR. XR の活用やMicrosoft Holo Lensを活用した建築業向けソリューション

GyroEyeに関するお問合せはこちら

※株式会社インフォマティクスのGyroEye公式サイトへ

 

-VR-AR-MR-XR, ブログ
-, , ,

© 2020 IoTプロトタイピング・VR・AR・Unity メディアラボ