VR-AR-MR-XR VTuber

キズナアイを応援しよう‼ VRリズムゲーム「Kizuna AI - Touch the Beat!」の紹介

こんにちは、ライターのYukiです。

今回もVRゲームの紹介をしていこうと思います。

今回紹介するゲームは、Vtuberのキズナアイ初のVRリズムゲーム「Kizuna AI - Touch the Beat!」です。

 

ソフト情報

タイトル Kizuna AI - Touch the Beat!
ジャンル リズムゲーム
企画 / 開発 Kizuna AI Inc. / Activ8 Inc.  Gemdrops, Inc.
発売日 2020年10月13日(火)
対応プラットフォーム Oculus Quest
価格 無料
プレイ人数 一人
公式サイト https://kizunaai.com/kizuna-ai-touch-the-beat/

キズナアイの紹介

まずは、キズナアイちゃんについての紹介をしていきます。

キズナアイちゃんは、2016年の12月1日にデビューしたVtuberです。

Vtuberが流行りだしたのは2017年の12月と言われているので、アイちゃんが他のVtuberに比べて長く活動していることが分かると思います。

そのため、アイちゃんは、Vtuber四天王の一人であり、親分などとも呼ばれています。

現在のYouTubeチャンネルの登録者数は、メインチャンネルが286万人、ゲームチャンネルが153万人であり、Vtuberの登録者ランキングの1,2位となっています。

アイちゃんの魅力は、トークが面白いこと、明るくて元気をもらえること、ポンコツなところ、そして何よりもかわいいことです。

YouTubeのチャンネルのリンクを貼っておくので、興味を持った方はアイちゃんの動画を観てみてください。

メインチャンネル:https://www.youtube.com/c/AIChannel/featured

ゲームチャンネル:https://www.youtube.com/channel/UCbFwe3COkDrbNsbMyGNCsDg

ゲーム内容

「Kizuna AI - Touch the Beat!」は、サイリウムを振って遊ぶリズムゲームです。

ノーツの種類はいくつかあり、通常のノーツはもちろん、2つ同時に来るノーツ、両手で弧を描くように回収するノーツ、下から上に掬い上げるノーツがあります。

ゲームのプレイ中は、前でアイちゃんが歌って踊ってくれます。

プレイヤーは、サイリウムを振ってプレイするので、アイちゃんのライブで合いの手をして応援しているような気分を味わうことが出来ます。

プレイできる楽曲は、「Hello, Morning」「melty world」の2曲でした。

楽曲は今後追加されていくようです。

 

ゲームの難易度は、EASYとNOMALから選択できました。

個人的には難易度が低めだと感じたので、難易度HARDの追加に期待です。

Music Video

「Kizuna AI - Touch the Beat!」では、リズムゲームだけではなく、「Hello, Morning」「melty world」のVR版のMusicVideoを観ることが出来ます。

「Hello, Morning」では、アイちゃんと一緒にいろんな空間を飛び回って旅をすることが出来ます。

「melty world」では、ハロウィン仕様のステージで歌って踊る、カッコよくて、セクシーで、可愛いアイちゃんを観ることが出来ます。

カッコいいダンスはもちろんのこと、派手なステージの演出も素晴らしかったです。

この2つのMVを観るだけでも、このゲームをインストールする価値はあると感じました。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

VtuberとVRゲームの組み合わせはあまりなかったので、とても新鮮で楽しかったです。

このゲームは無料であり、1~2時間ほどあれば一通り遊べるようなボリュームなので、興味を持った方は気軽にプレイしてみてください。

公式サイト:https://kizunaai.com/kizuna-ai-touch-the-beat/

 

 

AR, VR. XR の活用やMicrosoft Holo Lensを活用した建築業向けソリューション

GyroEyeに関するお問合せはこちら

※株式会社インフォマティクスのGyroEye公式サイトへ

スマホブラウザで、施設内インドアの経路案内や店舗案内がダイナミックに!

インドア空間のスマートデジタル化・AR活用はこちら

※株式会社インフォマティクスのインドアマップシステムMappedin(マップトイン)公式サイトへ

 

-VR-AR-MR-XR, VTuber
-, , ,

© 2021 IoTプロトタイピング・VR・AR・Unity メディアラボ