Blender VR-AR-MR-XR お知らせ

VTuberアバターの自作初心者が”Blender”で自分のキャラを作る(第1回)

8月 27, 2020

皆さんお久しぶりです。
新米ライターのSaruです。

今までVRゲームに触れてこなかったため、VR用のアバターが必要だと知りませんでした。

なので作ります。

Blenderで!!
全くの素人ですが!!!

(持ち前の空間把握能力でLet's try!!)

そもそもBlenderとは?

ざっくり言うなら、3DCGを作成できるソフトのこと。
点、辺、面を使って立体的なグラフィックを作成できます。


Layoutの画面


Modelingの画面


Sculptingの画面(いまいち何に使うかがわからない)

他にも様々な機能がありますが今回は3DCGモデルの作成がメインです。

なお、以降の話にて使われているショートカットキーをここにリストアップしておきますので、参考までに。
(※なお私はWindowsなので、Macのショートカットキーとは別です。多分)

  • C サークル選択
  • F 面を張る(手直し用)
  • K ナイフ
  • X 削除内容の選択
  • Ctrl + S ファイルを保存
  • Ctrl + Z ひとつ前に戻す
  • Shift + Space + E 押し出し
  • Shift + Space + S 拡大縮小

作成開始!!

テーマは、”骸骨紳士”!!
(モロ趣味)

もともと骸骨であることは決めていました。
肋骨のあたりとかどう再現しようか考えたら、服を着せればいいということに気づきなんなら紳士で行こうという結論に至りました。
なんかいい感じしますよね、骸骨紳士って。

頭から作成

まずは、頭のほうから作っていきます。
(おそらく)パーツが多く大変なので、難しいところは先にやってしまおうという魂胆です。

頭蓋骨の外見

頭の形から作っていきます。

球体を用意。
追加→メッシュ→(UI)球から用意します。

 

では形を整えていきます。

これで形がある程度整いました。
(人の頭部なんてじっくり見たことなかったな)

以降、いろいろ作っていく中で微調整していきます。

顎の外見準備

では顎から作ります。
顎の中で首とつながっている部分には空洞があるので、その部分の面を取り除きます。

 

形はおいおい整えるのでとりあえずこれで。

目の外見準備(ほぼ完成)

目の部分はくぼんでいるのでこの部分は消します。

あと、鼻の部分も空洞なので消します。
(目とセットにしたのは、同じ消すだけの作業だから)


(消すまでの過程はカット)

今のところ眼球を入れるかは未定です(ほぼ入れるつもりはない)。

口の外見準備

口の部分を作成します。
口といっても、骸骨なので歯を作成するだけですが。

では、歯にあたる部分を消します。

 

…思ったより小さかったので、顎を伸ばして調整。


(顎にあたる部分を全体的に伸ばしました)

こういう被り物ありそう。

歯の挿入

現時点足りないのは、立派な歯!(それはいるのか)
その挿入のために、いったん下顎を分離します。

手順は次の通り。

  1. 上顎にあたる部分と下顎にあたる部分を繋げている面をちょうどいいところでカットする
  2. カットした部分と下顎にあたる部分の面を引き延ばす
  3. 伸ばした面を面を削除する

ここで、上顎と下顎に歯を付けていきます。

 
上顎に歯を取り付け。

上下、取り付けが完了しました。

正直、この作業いらなかったのでは……?

頭部完成!!

分離した上顎と下顎を合体!!

下顎の部分をすべて選択して、Z軸移動。
……噛み合わせが悪い。
下顎が小さすぎたか。

下顎が小さいので拡大調整。

 

完了。
なんか、某サルゲームのサルっぽくなったような気はする。
私が作っているのはヒト科ヒト属ホモ・サピエンスの頭蓋骨のはずなのだが。

最後に

かなり大変でした。
球体から作ろうとするとこんなに大変だとは思いませんでした。

頭のあの形を再現するのに球体から入ったほうが楽なんじゃないかと思いましたが、大変だった。
特に後頭部の出っ張り具合をどういう風に調節するかで迷いました。
脳が入っている部分は奥行きがあるので、頭頂部の位置を微調整が必要でした。

あとは、目の部分を切り取った時ですかね。
対称に点を動かせる機能を使ってほとんどの部分を作ってきましたが、カットなどの一部のツールでは対称性を持たないのでそろえるのがきつかったです。

一応、医学系の友人に見てもらいましたが、頭蓋骨はもっと複雑だと教わりました。

眼底の骨がないとか、右脳左脳を分ける骨があるとか、他にもいろいろと。
どこまで凝って作ろうか検討中です。
いっそ、人体の構造について詳細に書かれている医学の本でも買ってしまおうか(趣味全開)。

 
左:頭部(現時点)完成図 右:実際の頭蓋骨 photoAC 写真素材:頭蓋骨の標本

 

この記事はこれにて終わりです。

え?終わっていないだろうって?

次回もやります!

次は両腕の作成をやっていきます。

乞うご期待!!(?)

 

AR, VR. XR の活用やMicrosoft Holo Lensを活用した建築業向けソリューション

GyroEyeに関するお問合せはこちら

※株式会社インフォマティクスのGyroEye公式サイトへ

スマホブラウザで、施設内インドアの経路案内や店舗案内がダイナミックに!

施設内のデジタルトランスフォーメーション・スマートシティ化に関するお問い合わせはこちら

※株式会社インフォマティクスのインドアマップシステムMappedin(マップトイン)公式サイトへ

-Blender, VR-AR-MR-XR, お知らせ
-, , , ,

© 2020 IoTプロトタイピング・VR・AR・Unity メディアラボ