Blender お知らせ ブログ

VRアバターの自作初心者が“Blender”で自分のキャラを作る#4

注意ポイント

この記事はBlenderの解説記事ではなく、一人のゲーム好きがVRゲームをやるために3Dモデルを作る過程を綴った日記のようなものとなっております。その点を踏まえてお読みください。

こんにちは。
毎度おなじみの新人ライターSaruです。

このシリーズも4回目ということで、大雑把に「このシリーズいつ終わるの?」という今後の予定について書いておきます。

このシリーズの第一回はこちらから見てください。

VTuberアバターの自作初心者が”Blender”で自分のキャラを作る(第1回)

このシリーズいつ終わるの?という今後の見通し

大体、次回か次々回までに作成中の3Dモデルが完成する予定です。


現状こんなだけど。

早くて今月中、伸びても今年中には終わると思っています(むしろ終わってほしい)。

なので、この3Dモデルが完成次第動かし方についての記事を書こうと思っています。

ですが、このシリーズは「自分のキャラを作る」ことを目標としたもののため、番外編という位置づけになるかと思います(どちらにせよ書くことにしています)。

ということで、出来れば番外編も含めてみてもらいたいな、と思っています。

ちなみに、前回の記事が書き終わった後日、スマホで全身を写すことで3Dモデルが作れるというアプリがあるということを知り、それについての記事も番外編で出そうと思っています(おそらく誰かがレビュー記事を書いているでしょう)。

下半身作成開始!

ズボンと靴を作っていきます。

他にも必要なもの(ベルトとか)はありますが、それは次回まとめて作成します。

ズボン作成

いつものごとく、立方体のメッシュから作っていきます。

この立方体は腰の部分になります。

足の部分は押し出しで作るので、ここの部分は腰です。

まずは底面を広くし大まかにサイズを決めた後、ループカットを使って点を増やして変形させます。

ここら辺を迷いなく選べるようになりましたが、キーが覚えられません。

結果、時間がかかる。

そろそろ覚えられないかしら。

そして、面の押し出しで裾を伸ばした中間地点が次の画像。

いや股下作りづら……

この股下部分は手間をかけました。

某銀行ドラマが終わる前に作れてよかった。

これが努力の証だ!!

まあまあ忠実に再現できているだろう!

 

いや待て、何かおかしい気がする。

まだ何か違和感がある。

気に食わなかったから修正しておきました。
上手い具合に曲線じゃなかったもので。

このくらいでしょうかね。

スーツ着ている人を見たとき、裾の部分はラグビーボールみたいな形になるなって思ったんで、どうにかして再現しました。

なんか、スーツのズボンに見えないですが、そこは一旦スルー。

そして、恒例のサイズチェック!

予想通り。

あまりにも予想通りの結果。

これ、実は胴体の下の部分においているんですよ。

何も気にせず作るとこうなるので注意したいところです。

 

そして、いつものように修正。

悪くはなかった。

悪いのは前作った胴体の肩幅だった。

あと腕の部分だった。

 

突き出している部分から腕を生やす感じにすれば、実はいい感じになるのではなかろうか?

あの先端部分を調節すれば、こう、丸めて肩にすれば……。

これは胴体との接合部分の写真。

幅は足りているけど、厚みが足りない。

骨だけど骨盤はちゃんとしているから、厚みを増やすように調整。
(肉がないので尻の部分はカットしてます)

調整完了。

……これ、大丈夫かな。
(なぜか漂う一抹の不安)

靴の作成

靴の作成をしていきます。

サイズ調節をしないためにズボンが見える状態で作っていきます。

また、同じ系列で作っているのでモディファイヤーが有効です。

まずは大まかな形にしていきます。

ここまで作ってから、頂点を増やして靴の形に近づけていきます。
(いままでポリゴンが多い状態で作っていたからとても作りやすい)

なんか違う。

スーツに会う革靴ではないな。
スニーカーになってしまった。

修正して完成。

いやー、

似てるわー(自画自賛)

つま先の部分をちょっとだけ上に向けて靴底を足したくらいだけど、似てるわー。

この数のポリゴンでここまで似るのか。

今後作るときの参考にしよう。

今回のまとめ

今のところこんな感じです。

相変わらず腕が良くない。

むしろこれのせいで調和がとれてない。

思ったよりもうまくいってたからそれで良しとしよう。

いや、否!!!!!

紳士なんだ、骸骨だけど紳士なんだ!!

こんなみっともない紳士にするわけにはいかないんだ!!!

これのどこが紳士なのかは何とも言えないけれど。

というか、このイメージ図のジャケットは前を開けてる……。

どうにかしよう。

頑張れ、明日の自分。

次は個々の部分を繋げようと思います。

ついでに帽子とかの小物も作ります。

見えなくなりそうだけどベルトも付けます。

あと、修正箇所にはちゃんと修正を入れます。

帽子はシルクハット、ジャケットを長くしてもっとかっこよくします。

 

さて、次で最終回でしょうかね。

中身の骨をちゃんと作るといったことをしない限りは次で終わります。

骨の部分を作らなきゃならない部分はありますが(手首とか、足首とか、首とか)、まあ、次回で終わりますよ!

ではでは、次回に乞うご期待!

 

AR, VR. XR の活用やMicrosoft Holo Lensを活用した建築業向けソリューション

GyroEyeに関するお問合せはこちら

※株式会社インフォマティクスのGyroEye公式サイトへ

スマホブラウザで、施設内インドアの経路案内や店舗案内がダイナミックに!

施設内のデジタルトランスフォーメーション・スマートシティ化に関するお問い合わせはこちら

※株式会社インフォマティクスのインドアマップシステムMappedin(マップトイン)公式サイトへ

 

 

-Blender, お知らせ, ブログ
-, , , , , ,

© 2020 IoTプロトタイピング・VR・AR・Unity メディアラボ