Blender VR-AR-MR-XR

Vtuber・3Dモデリングの初心者が”Blender”で自分のキャラを作る #3


この記事はBlednerの解説記事ではなく、Blender初心者の作成日記です。

皆さんこんにちは、新人ライターのSaruです。

最近、モデル作りのために解剖学の資料集を中古で買いました。

大学生成り立てに新品の資料集は高すぎたのだ。

そして、この資料集を買ったということは、
今までのモデル全てに修正が入る
ってことなんですよね。

……今回は胴体を作っていきます。

今回新たに使用したコマンドはこちら

  • V 領域リップ
  • Ctrl + R ループカット

胴体作成

球体と円柱で作っていきます。

ここから、球体を半分に分けて円柱に乗っけます。
(球体の部分が肩回りになります。一応、服着てるのでこの部分は骨ではないです)

そのために、領域リップを使用します。

Shift + Spaceからこの画面を出します。
一番下にあるのが領域リップです。

選択するとこんな感じですね。
ここで上下に点が分離するので、

こんな感じになります。(上半分を少し上に移動させました)
そんなこんなでいろいろやってみましたが……

こんな不格好な形になったので変更します。
使用するのは立方体と円柱、円柱を縦に割り半分を使用します。
(何に使えるかわからないけどこれは残しておこう。ステッキにでもするかね)

仕切り直し

仕切りなおしてもう一度作っていきます。
使うパーツは立方体と円柱です。
肩の曲線を作るためにはどうしても円柱や球を使いたいので。

材料を用意します。

さっきは領域リップを使っていましたが、どうも上手く使いこなせそうにないので地道にやっていきます。
領域リップの使い方が間違っている可能性も捨てきれませんね。


キッチリ半分にしたいので使わなくていい神経をここで使った図

これで半分にできました。
使うのはこの二つのうち片方だけなので、もう一方は消して作業に入ります。

ということでここまで来ましたが、
この二つを繋げる方法を探しきれずお蔵入りとなりました。

再度作り直しとなります。
円柱を使うことは諦めて立方体から作ることにします。

再度仕切り直し

三度目の正直、って感じで作っていきます。

 

ループカット機能を使用して立方体を8等分した後、それっぽくしました。
ここからさらに複雑にしていきます。

これでそれっぽくなったよね?
少なくとも、人の胴体にはなったと思います。

ほぼ完成なので、いったんサイズの確認。

……すごいダサ、いえ、なんか変な感じでした。
幅は大丈夫そうなので、長くしていこうと思います。

調整終わり。
これで外形は完成したので、装飾をしていこうと思います。

とりあえず首が通る穴をあけます。
ここからは、モディファイア―という機能を使って作っていきます。

あとあと、首の骨を作ってここに差し込む予定です。
設定的に首の骨とかがいなくてもいいのですが、幽霊っぽくしようとは思っていないので作る予定です。
関節等々が関わってくるのでここでは作りませんが。

ここからさらに装飾をしていきます。
襟をつけたり、ネクタイをつけたりしていきます。

まずは襟を、

作りました。
カットした部分から押し出しを使って作ります。

背面はこんな感じです。
真後ろの部分は押し出しを2段階にわけることでより襟っぽくしています。
(襟っぽいとは何なのか)

ネクタイ作成

ネクタイは平面から作っていきます。
(あ、後ろのオブジェクトは隠しておけばよかった)

大体こんな形ですね。
また、さっきの胴体にあてて修正します。

 

これが修正の結果です。

まずサイズが少し小さかったので一回りほど大きくしました。
また、作ったままのネクタイだと胴体のオブジェクトに変に干渉してしまうので、2枚目の画像のように角度をつけることで解消しました。

このままだと、シャツにネクタイしているようなものな感じがします。
あくまでも紳士、ジャケットがないと何とも言えない感じになるのでそれも作ります。

ジャケット作成

ジャケット作る際、今までで作ってきた胴体のパーツを使っていきます。

コピーしてペースト。
ここら辺は汎用的なコマンドですね。

サイズを一回り大きくして襟の部分と腰当たりの部分を抜きました。
後で元々のほうも抜いておかないと。
(あの胴体はシャツになる予定)

そして、ジャケットの裾の部分を生成。
これだけでもジャケットに見えるのか……。

そして、胴体、ネクタイ、ジャケットを組み合わせて

胴 体 完 成 !

やったー!

……格好悪いのは腕のせいか!
修正するのはだいぶ先だろうけど。

今回の締め

(前回とはこの部分の名前が変わっていますが気にしないでください。以降からこれでいきます)

今回は胴体部分を作ってきたわけですが、頂点の重ね合わせってどうやるのでしょう?
結構な数を調べてきたのですが、どうにもいい感じのものがなく最初の時点でだいぶつまづきました。
オブジェクトを繋げあわせることは不可能だったのか……
(最初から立方体でやれって話ですけど)


(上手く結合できずにボツとなったオブジェクトたち)

ネクタイを作るのにはあまり苦労しなかったです。
角度つけて干渉しないようにしたのは多少は苦労しましたが、それ以外はスムーズに作れましたね。

ジャケットを作るのにもあまり苦労はしなかったです。
ちょっとばかしモディファイヤーを持て余したところ以外はスムーズにやれました。

次は足の部分をやります。
ズボンってどうやって作るんだろう?
いろいろ調べていかないと何もできそうにないです。

ではまた次回。

 

AR, VR. XR の活用やMicrosoft Holo Lensを活用した建築業向けソリューション

GyroEyeに関するお問合せはこちら

※株式会社インフォマティクスのGyroEye公式サイトへ

スマホブラウザで、施設内インドアの経路案内や店舗案内がダイナミックに!

施設内のデジタルトランスフォーメーション・スマートシティ化に関するお問い合わせはこちら

※株式会社インフォマティクスのインドアマップシステムMappedin(マップトイン)公式サイトへ

 

-Blender, VR-AR-MR-XR
-, , , , , ,

© 2020 IoTプロトタイピング・VR・AR・Unity メディアラボ