お知らせ

コロナウイルスによる在宅勤務を支える動画伝達ツールとは

現在コロナウイルス感染防止のため、多くの企業が在宅勤務、テレワークを導入しています。
この流れは緊急事態宣言終了後もしばらく続くとされており、今後の日本の勤務形態を大きく変える可能性すらあり得る状況となっています。
グローバル化が進み、海外支店の展開や海外取引は今では大手企業だけでなく、多くの中小企業が行っています。
今後さらに従業員やフリーランス等の個人活動もリモートで行う事になっていくでしょう。
遠隔で快適に業務を行うためには、スムーズな情報共有が重要となります。

経済産業省がコロナ対策として立ち上げた「民間支援情報ナビ」に、(有)BONDが開発したソフトやシステム「スマートアバター」が登録されました。
現在you tubeにてスマートアバターによる感染症まん延防止のための動画を公開しています。

 

スマートアバターは、独自のAiシステムによって、音声通話システムや番組作成を可能にするソフトです。
文字や画像をそのままスマートアバターに取り込んで動画が作られるため、動画作成の知識がなくても簡単に番組を作る事ができます。
支店へのマニュアルの共有や商品の取り扱い動画等、今まで書面で伝わりにくかったものを円滑に伝えることを可能にします。


スマートアバター
の詳しい特性については下記の記事にまとめられていますので、ぜひご参照ください。

在宅勤務を支えるAIを用いた動画伝達は、日本企業の働き方を変える

-お知らせ

© 2020 IoTプロトタイピング・VR・AR・Unity メディアラボ